海外で働くエンジニアが教える、3ヶ月で実践的な英語を勉強する方法。

2016年10月15日 | コラム

ベトナムにもキャバクラのようなお店があって(なぜかカラオケと呼ばれている)、日本人向けのお店であれば日本語を話せるおねーさんが多い。もちろん完璧ではないがその場を楽しむ分には充分にコミュニケーションをとることができる。

そこで驚くのは、どのくらい日本語を勉強したのかと尋ねると、だいたい「3ヶ月勉強しました」とか「6ヶ月勉強しました」という回答が返ってくることだ。

比較的難しいはずの日本語をその程度の勉強期間で仕事で使っているというのは衝撃的だった。
僕にとっては学習するのが簡単といわれる英語ですら、中・高・(大)と費やしてきたにも関わらず、全く話せる自信がなかったから。

あれから数年、英語でベトナム人エンジニアと直接やりとりができるようになった今、自分の英語の勉強方法はなんだか遠回りだった気もする。
結局、カラオケのおねーさん方は仕事で使うための日本語に特化して勉強しているはずなので、同じように自分であればIT業界に特化した英語を学べばもっと短期間で英語を使って仕事ができるようになっていたのではないかと思う。

海外で3年間働いて、今でもめちゃ使っている英語の便利ツール活用3選

2016年07月14日 | コラム

(この記事は僕の別ブログ「俺日記」から転載しました。)

俺日記のしんじです。一人称は僕です。

ベトナムの日常生活ではほとんど英語を使う機会はないが、エンジニアとのコミュニケーションは主に英語だ。
その際、単語が思い出せなかったり、英文の妥当性をすぐに確認したい場合がある。
そんなときに便利な英会話補助ツールのうち、今でもよくつかっているPCツールの活用法を3つ紹介したい。
知っている人からすれば定番のものであるが、それゆえ一度設定してしまえば日々頻繁に使うことになるはずだ。

目次

オフショア開発を3年やってわかった、簡単にIT英語を学ぶ方法と重要性

2016年07月8日 | コラム

(この記事は僕の別ブログ「俺日記」から転載しました。)

ベトナムでオフショア開発をはじめて3年。
オフショア開発といえば日本語を話すブリッジSE(以下BSE)を通して行うスタイルが一般的だが、実際に行ってみたところ下記の理由で個人的にはあまりおすすめできない。

究極英単語暗記ソフトP-study systemのMac版、iPhone版をお探しの方へ

2014年01月29日 | その他

(この記事は僕の別ブログ「俺日記」から転載しました。)

結論から述べると「究極英単語」というアプリがおすすめ。
http://www.easyrote.jp/

2016/07/06追記:
エンジニアの方向けに本記事で紹介しているようなコンセプトの「エンジリッシュ」というサイトを作りました!
エンジニアのための英語勉強webアプリ – エンジリッシュ

まず、P-study Systemとは英単語暗記に便利なパソコン用ソフトだ。
こちらで紹介されている。